歯ブラシ

モノを繋ぐ物

モノとインターネットを繋ぐ意味を、IOTと呼びます。生活のモノなどにセンサー機能がつき、インターネットで操作することが出来るのです。車や水道料金、ホームセキュリティなど幅広く使われています。

この記事の続きを読む

歯が痛い男性

通信についての説明

コンピューターとコンピューターを通信することを、CAN通信と言います。主に車に使われており、いくつものコンピューターを同時に制御することが出来るのです。メリットも多いので、人気も高い通信機能とされています。

この記事の続きを読む

コップと歯ブラシ

医療現場の記録法

カルテは患者の状態を記録するもので、医療現場においては必要なものです。最近ではコンピューターでカルテが作られており、クラウドを使用した電子カルテが多く導入されています。

この記事の続きを読む

レセプトの仕組み

鏡の前で歯磨き

水道申請ソフトを活用することでカンタンに全国市町村に申請することができます。利用する人にあった書類形式を作ることもできます。

現在、医療の現場には診察や治療に用いるさまざまな電子機器が導入されていますが、その流れは診療のみならず事務の分野にも及んでいます。そうした動きの中で、医療事務の効率化に大きな役割を果たすと期待されているのがレセプトコンピュータ、通称レセコンです。 治療や投薬などに要した費用を保険者に請求する際には、レセプトと呼ばれる明細書を支払機関あてに提出する必要があります。レセコンは、このレセプトを電子的に作成するシステムです。医療機関への導入が始まったのは1980年代ごろのことですが、当時は大型の専用ハードウェアが必要でした。しかし現在では一般のパソコンと変わらないスペックの端末でも操作できる、コンパクトで安価なシステムに進化しています。

レセコンの中核的な業務は言うまでもなくレセプトの作成ですが、医療機関内のその他のシステムと連動させることでさらなる合理化を図ることができます。 たとえば電子カルテです。紙によるカルテでは診断内容や治療経過など同じ内容をレセプトと合わせて二重に記録・管理する必要がありましたが、電子化によって1度の入力で2つの記録を同時に作成することが可能になります。 また、患者の一部負担金の会計事務、領収書の発行、保険証の確認などとも連動させることが可能です。これによって医療事務全般を効率的に処理することができるようになります。 現在、国ではレセプトの電子請求に係る環境整備を積極的に推進しています。これは医療機関と支払機関をネットワークで結び、請求事務をすべてオンラインで行おうとするものです。このシステムが実現すれば、レセコンはすべての医療機関に必須のものとなることが予測されます。